So-net無料ブログ作成

2019.0908(日)山梨県無形民俗文化財 笹子追分人形芝居「朝顔日記」の公演があります。 [藤枝市郷土博物館・文学館]

2019年9月8日(日)の午後、藤枝市郷土博物館にて、
山梨県無形民俗文化財 笹子追分人形芝居の
「朝顔日記」の公演があります。

69083082_2485469191548100_3686579002358628352_n.jpg



山梨県大月市笹子町に伝わる、300年の歴史をもつ人形浄瑠璃。
オルガンのオルゴールでおなじみの、模型作家の「村山靖」さんが、
笹子町に住んでいたことがあって、その小学校時代のご友人、
幼馴染のO君が座員で活躍しているのだそうです。
今回、村山さんが博物館に提案して、実現した公演なのだとか。
静岡県では初めての公演だそうです。

演目は、「朝顔日記」
(浄瑠璃の原題は「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」)
お話は、秋月家のお姫様「深雪」が、宇治で蛍狩りをしている時に、
「阿曽次郎」と出会い恋仲になるが、次郎は鎌倉に行かなくてはならなくなり、
扇に朝顔の絵を描き、次郎が歌で返し、将来を約束します。
その後、国元で深雪に縁談話が起きます。
相手は「駒沢次郎左衛門」と言いますが、実は、
「阿曽次郎」が叔父である「駒沢了庵」の養子になった名前だとは知らず、
その縁談を嘆き、投身すると書き置きを残して家出します。
深雪は辛苦のあまり盲目となり、「朝顔」と名乗って、琴弾きに身をやつし、
偶然にも、宿屋で駒沢次郎左衛門の席に呼ばれ、演奏をする。
sasago.jpg
こちらが「宿屋の段」。
駒沢は、朝顔が深雪だと気づきますが、その場では名乗れなかったので、
扇と金と薬を宿屋の主人に託して出立する。
朝顔は、駒沢がかつての恋人だと知り、雨の中を追いかけるが、
たどり着いた時には大雨で、大井川は川止めになってしまった。
嘆き悲しんだ朝顔は、川に飛び込もうとするが、なんとか助かり、
駒沢の残した薬を飲んで、奇跡的に目が見えるようになる。
そこで初めて見えたのが、松の木だった。
というもの。こちらが、「大井川の段」。
そう、その現場こそが、島田市博物館となりの「朝顔の松公園」!!
69092827_1641623152639326_7285464419029483520_n.jpg

すれ違いの恋がテーマのお話ですが、
最後は、ようやく巡り会えて、ハッピーエンドになるらしいです。
1832年(天保三年)初演だそうです。

「宿屋の段」では、箏唄や、名を朝顔と改めた深雪が、
身の上を物語るくどきなど聞かせどころの連続。
「大井川の段」は、駒沢次郎左衛門こそが、
恋い慕う宮城阿曽次郎とわかって、朝顔(深雪)は髪ふり乱して後を追う。
すれ違いがつづいただけに、その思いの激しさは見るものを圧倒する。
のだそうです。
追分人形芝居の十八番で、
昭和45年三代目西川伊久造(天野晃)の最終公演、
昭和57年山梨県民俗芸能ふるさと祭ほか
数多く上演されてきたそうです。

ちなみに、藤枝市郷土博物館の歌舞伎の衣装の展示では、
お姫様時代の「深雪」の衣装と、
盲目の琴弾きに身をやつした「朝顔」の衣装が展示されています。
1999年には、歌舞伎座で、
秋月家の娘深雪・瞽女朝顔 = 中村福助(9代目)、
宮城阿曽次郎・駒沢次郎左衛門=市川染五郎(7代目)
で、行われたそうです。
「福助」さんが着ていた!と思って、衣装をご覧ください。

三番叟
能の「翁」狂言「三番叟」に基づき、
天下泰平、五穀豊穣を祈る祝賀に踊るもので、
文楽では翁、千歳と二人の「三番叟」が定型ですが、
江戸時代は一人「三番叟」だとか。
追分に伝わる「三番叟」は、一体を三人遣いで動かし、
口三味線と言われる台詞にあわせて踊るのだそうです。
ユーモラスな踊りだとか。

さて、現場のお話。
島田市博物館隣の「朝顔の松公園」の写真を紹介しておきますね。
68660407_1641622945972680_9061461132824281088_n.jpg
69033772_1641622852639356_5267017995376394240_n.jpg
68918512_1641623119305996_2640540116849786880_n.jpg
68901086_1641623175972657_6733737653239283712_n.jpg
69245948_1641622899306018_9130549353977479168_n.jpg
69674761_1641623092639332_590599771756953600_n.jpg

いつか、ぜひ、この現場でこの演目を上演してもらいたいです。
笹子追分人形芝居保存会の皆さんも、この地で公演できるとことを
望んでいらっしゃるそうです。
今回は、台風も近づいて着ているので、
「藤枝市郷土博物館」のエントランスロビーでの公演になりそうです。
山梨県からいらっしゃるのですから、ご無事に来ていただきたいです。

それから、偶然なのですが、
同じ演目が10月6日(日)、グランシップで見られます。
69910959_1656031881198453_3648624526687731712_n.jpg
こちらは、「人形浄瑠璃 文楽」です。
昼の部が、「生写朝顔話」だそうです。

山梨県無形民俗文化財 笹子追分人形芝居の「朝顔日記」
2019年9月8日(日)13:30開場 14:00〜15:30
藤枝市郷土博物館 エントランスホールにて
藤枝市若王子500
TEL:054-645-1100
見学無料、申し込み不要、直接会場へお越しください。
nice!(0) 

nice! 0