SSブログ

2019.0921(土)第79回企画展「音にきこゆるVol.4 島田の刀鍛冶とそのルーツ」オープニングセレモニー [ヒストピア島田]

2019年9月21日(土)
第79回企画展「音にきこゆるVol.4 島田の刀鍛冶とそのルーツ」初日です。

21_62.jpg
今年も、「武将隊TOKYO」の徳川家康公が駆けつけました。
21_40.jpg

開館は、9:00でしたが、オープニングセレモニーは、10:00〜。
21_01.jpg

司会は、いつも明るい、片川乃里子さん。
21_04.jpg
今日もよろしくお願いいたします。

最初は、染谷島田市長のごあいさつ。
21_05.jpg

殿、登場です。


21_06.jpg
21_07.jpg
21_08.jpg

メイン看板の前で、染谷市長と2ショット写真、
21_09.jpg
お似合いです!!

今回の展示のテーマは、「島田の刀鍛冶とそのルーツ」。
21_41.jpg
島田鍛治を代表する刀工

【義助】「御手杵」を作りました。
大身槍を作らせたら天下一と称された島田鍛治頭領

【助宗】「おそらく造り」を作りました。
様々な作風を使いこなした島田鍛治屈指の名工

【広助】「重要美術品」もあります。
豪壮なつくりの刀を得意とした刀工

【元助】二代義助の子とされる刀工です。
島田鍛治の異端児

【輝吉】天文年間から作刀していました。
作刀例が少ない幻の名工

【義綱】各地に招かれ作刀しました。
相模国や遠江国でも作刀した刀工

【忠義】
島田鍛治最後の刀工

永禄2年に作られた「おそらく造り」義助の美しい短刀です。
21_48.jpg
21_49.jpg

映画「引っ越し大名!」でも活躍の「御手杵」ですが、
今回、こちらでも見られますよ。
21_02.jpg
まずは、「比企御手杵レプリカ」です。
21_42.jpg
Facebookページは、こちら

天下三名槍の一つに数えられる「御手杵の槍」ですが、
戦国時代に下総国の戦国武将「結城晴朝」の注文により、
島田鍛治の義助が製作したとされます。
刃長140cmという規格外の槍です。「結城晴朝」の後は、
徳川家康の次男で、結城家に養子に入った「結城秀康」、
その血筋を引く松平大和守家に伝来しましたが、
惜しくも太平洋戦争の戦果で失われたのだそうです。
21_44.jpg
持っているのは、「本阿弥光遜(ほんあみこうそん)」氏。
昭和戦前期には、松平大和守家の刀剣手入れを任されていたそうです。
21_45.jpg
群馬県前橋市に生まれ、のちに室町時代以来、
刀剣の研ぎや鑑定で知られる「本阿弥家」を継ぎました。
現在、日本刀の基本的な分類として知られる、
「五ケ伝」を体系化したのも「光遜」氏だそうです。
こちらの写真は1029年の「キング」誌に掲載されたもの。
21_46.jpg
「御手杵」の鞘を持つ「光遜」氏。
このパネルをご覧になっているのが、
「光遜」氏の孫弟子にあたる「萩光明」氏。
21_47.jpg
刀剣研ぎ師であり、刀剣鑑定家(無鑑査)で、
師匠から「光」の字をいただいているのだそうです。

そのお隣に並ぶ刀は、こちら。
70694554_1671967982938176_3677468629399502848_n.jpg
「脇差 銘 九州肥後同田貫 兵部」です。
この写真を見たら、きゅんきゅんする方がいるかも!?
70839871_1671968029604838_8052291170002272256_n.jpg
驚くべきことに、今回の展示は、なんと写真撮影OKなのですよ。
ぜひ、お気に入りの刀剣を!この2ショットを!!
撮りにいらしてください。

刀には色々なパーツがあり、それぞれに名前があります。
21_03.jpg
パネルで紹介されています。
21_52.jpg
拵(こしらえ)のパーツの紹介もあります。
21_51.jpg
美しいですね。

徳川家康公が、今回の展示の質の高さに感心してました。
21_53.jpg
特に「槍」が充実していると。
21_50.jpg
鞘の螺鈿も美しいです。
21_54.jpg
まだまだ、たくさんあります。

「とくとご覧あれ!」
21_56.jpg

刀剣ではおなじみの「天下三迷走」トリオも健在です。
21_57.jpg
徳川家康公が御出陣の日には、お目にかかれますよ!
その日程は、こちらでご確認を。

この日行われた「名刀写しを持ってみようレポートは、こちらで。
nice!(0) 

nice! 0