SSブログ

2020.0113(月・祝)「白子ノ劇場」で「タイムスリップ1964」のミーティングが行われました。 [タイムスリップ!1964]

2020年1月13日(月・祝)19:00〜 藤枝市本町の「白子ノ劇場」にて、
5月に行われるイベントのミーティングが行われました。

82035158_1798307660304207_6684923876746461184_n.jpg

「マイカテゴリー」が新しくなったの、気づきました?
そう、「タイムスリップ1964」です。

まず、ここまでの経緯は、こちらで。
そうなんです。
2017年に行われた、藤枝市の「市民政策提案」で、
「白子ノ劇場」の「山田裕幸」さんが「最優秀賞」を獲得した提案、
「空き店舗を利用した演劇による商店街活性化」の第一段階が、
2020年5月に、いよいよ始動しようというわけです。

この日集まっているのは、
藤枝市役所商業観光課、商店街関係者、
演劇関係者、まちあるきのスペシャリスト、
障害者活動支援センター、地域おこし協力隊、ライターなど。
あまりにも多岐に渡りますので、このほど団体名が決まりました。
「藤枝宿世代をつなぐ商店街づくり実行委員会」です。
う〜ん、略せない。
事業名は、
「1964年にタイムスリップ!
 記憶をめぐる藤枝宿商店街活性化劇場」
と言います。
ってなわけで、この事業の短縮名を
「タイムスリップ1964」と名乗ることにしました。
もしかすると「TS1964」とか「ロクヨン」とか
さらに縮めることになるかもしれませんけど…。

年末の12月30日(月)に集まった時には、
会場探しのまちあるきなどもしましたが、
この日1月13日(月・祝)は、担当決めまで、持ち込みたいところだそうです。

このブログでは、
このプロジェクトがどのように進んでいくのか?
ミーティングの記録も兼ねながら、
皆さまに関心を持っていただき、一緒に活動したい人をお誘いし、
さらに、当日参加してくださるお客さんのスケジュール確保!
をしたいところです。
なので、この記事を今読んでいる、そこのあなた!
あなたはもう、すでに参加しているんですよ!

ミーティングの様子を撮影しました。
82043561_1798307650304208_7688218221228326912_n.jpg
いろいろな年代の男女が集まっているのが、わかるでしょう?
82926622_1798307570304216_1549848333265141760_n.jpg
この日は、ここにいる人たちが、準備で、または当日、
どのくらい参加できるのか?
どんな仕事を受け負えるのか?
何をやりたいのか?
など、聞きました。
82930897_1798307740304199_3105748468723875840_n.jpg

この前日「藤枝順心高等学校サッカー部」が
「第28回全国高等学校女子サッカー選手権大会」で優勝!
そしてこの日、「静岡学園高等学校サッカー部」が
「第98回全国高等学校サッカー選手権大会」で優勝!
やはり、オリンピックがテーマのイベントではあることだし、
サッカー的要素は入れたいなあ、とか、
オリンピックの壮行会みたいな場面もおもしろそう!
誰かに、当時のエピソードが聞けたらいいねえ、などと。
まあ、表現者が多いミーティングなので、
アイディアは出るわ出るわ、おもしろいほど!!

この実行委員会の代表を務める「白子ノ劇場」の「山田裕幸」さんもにっこり!
82490784_1798307593637547_832465323113316352_n.jpg

現在決まっていることは、
日時:2020年5月3日(日・祝)・4日(月・祝)
会場:蓮華寺池公園から藤枝宿商店街エリア
受付は、蓮華寺池公園内を予定、そこで、オープニングアクト、
まちあるきをしながら、「白子ノ劇場」へ。
休憩をしながら、ここでも演劇を鑑賞、
さらに移動して「劇場:店舗X(まだ未定・候補募集中)」にて演劇、
みんなで移動して、「魚友会館」にて、演劇鑑賞。
ってなことを、11時の部、13時の部、15時の部と、
なんと、まちあるき&公演を3回しちゃおうという企画です。

おそらく、一緒に歩いているだけで、1964年についてのお話を聞いたり、
そのことに驚いたりしているうちに、自分も演者になっちゃうかもしれませんね〜。
まちあるきをしながら、演劇も楽しんじゃうというわけです。
そして、一番大事なことは、それが、商店街を盛り上げる方向になるように、
継続して活動して行こう!というわけです。
なので、イベントが行われる5月3・4日だけが、
「その日」というわけではないと思います。
こうして出会った人たちが、商店街に何度も訪れることで、
商店街の人々と仲良くなって、お買い物をしたり、
お食事したりするようになったらいいなあ〜、ということです。

「前のオリンピックが行われた時、この商店街はどんなでしたか?」
とか、
「1964年のオリンピックの思い出って何かある?」
だとか、
「聖火ランナーが走るところを見ました?」
なんて質問を、メンバーに質問されたら、
それに答えるところから、あなたはもう参加しちゃっているわけです。
もしかすると、そのエピソードが演劇の一コマに使われるかもしれませんよ!

ちなみに、ぱらぽんのオリンピックの思い出は、
大人たちが「せいかがくる。せいかがくる」って言っているけど、
「『せいか』ってなに?」
当時、幼稚園児だったぱらぽんは、聖火が通るという沿道に連れて行かれた。
ずいぶん待った後で、やってきたものは…?
ランニングを着たお兄さんが、棒のようなものを持って走って来た。
その棒の先には、白い煙が出ているだけで、
「これがせいか?ただ、けむ(煙)がでてるだけじゃん」
そういう印象だったのを、鮮明に覚えています。

あとは、
オリンピックの記念の硬貨や切手を親が買っていたこと。

ブルーインパルスが五輪のマークを練習していたけれど、
最初は白だけで、下手くそだったこと。
(実家は、浜松だったので、ね。)

など、思い出されます。

さあ、「タイムスリップ1964」どのようなイベントになっていくでしょうか?
ちょっとおもしろそうだから、手伝わせてよ!
当日はぜひ参加したい!
なんて方は、ぜひぜひ、お申し出ください。
1964年当時の衣類やグッズなどをお持ちの方も、お声をかけてください。

次回のミーティングは、2月10日(月)19:00〜 @「白子ノ劇場」です。
白子ノ劇場(藤枝市本町2-7-5) 054−625−8885
参加したい方は、ご連絡くださいね。
nice!(0) 

nice! 0