SSブログ

2020.1031(土)・1101(日)藤枝市茶町で「歴史まちあるき」イベントがありますよ! [元気なまち藤枝]

2020年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のために、
さまざまなイベントが延期または中止を余儀なくされました。
藤枝市の秋の風物詩「お茶の香ロード」もそのひとつです。
ですので、今から紹介するイベントは、紛らわしいかもしれませんが、
「お茶の香ロード」ではありません。念のため。

120579641_2072372362897734_307199836550192527_n.jpg
刻を忘れ、藤枝の歴史とお茶をめぐる「まちあるき」
「歴史まちあるきシールラリー」
2020年10月31日(土)・11月1日(日)10:00〜14:00
シールが設置されている4箇所をめぐり、シールを集めよう!
全てのシールを集めると、プレゼントが貰えます。
*プレゼントは数に限りがありますので、お早めに!
*交換は1家族に付き、1回でお願いします。

石の蔵
藤枝市郷土博物館・文学館
大慶寺
とんがり屋根の茶商館
交換場所:上伝馬ギャラリー(10:00〜14:00)

同時開催企画 上伝馬ギャラリー特別企画展
「伊佐新次郎と小川智子陶芸展」
2020年10月21日(水)〜11月15日(日)
明治末期の幕臣伊佐新次郎は駿河志太産の煎茶を高く評価し、
日本茶貿易輸出(藤枝茶 Japan Tea)の基をつくった。
明治2年より田中城主 高橋泥舟と共に藤枝に移り住み、
志太博習館 青島の為善館で子弟の教育に尽力。
藤枝勝草橋の名付け親で、幕府三舟(海舟・鉄舟・泥舟)の書の師匠でもある。

さらに、こちらも。
120773646_2072372389564398_2513738316599657035_n.jpg

「歴史まちあるき」イベント紹介

●近代日本茶発祥「石の蔵見学会」
2020年10月31日(土)・11月1日(日)10:00〜16:00
会場:石の蔵(藤枝市茶町1-3-10)
石の蔵(藤枝倉庫)は、大正6年に建設され、戦後は冷蔵倉庫として使用。
多くの茶商が集まり、大井川上流部〜志太榛原地区のお茶を
海外貿易に繋げる一大拠点としての役割を持ちました。
*講演会や演劇上演時には、一部見学が制限される場所があります。

●演劇祭「Japan Tea 物語」
2020年10月31日(土)18:00〜・11月1日(日)13:00〜
会場:石の蔵(藤枝市茶町1-3-10)
・オープニングアクト:びくの会(特別出演)
「お茶摘み娘が越えた峠」

・静岡県文化財団ふじのくに文化プログラム推進事業
 劇団「アートひかり」公演「Japan Tea 物語」
駿河志太郡の幕末明治初期における、
近代日本茶の始まりが描かれた歴史小説を原作とした、
演劇作品を上演します。
原作:西野真「大井川連環の譜 近代日本茶物語」幻冬舎刊
構成・演出:仲田恭子

●特別講演「伊佐新次郎と私 〜伊佐新次郎を語る〜」
2020年10月31日(土)14:00〜
完全予約制【限定30名】
ご予約・お問い合わせ:西野さん(090-2770-6577)

●実演 「手揉み茶実演」
2020年10月31日(土)・11月1日(日)10:00〜16:00
実演:藤枝市手揉み保存会

ご注意:
・駐車場はありません。
・コロナの影響で中止になる場合もあります。
・開催時はマスク着用をお願いいたします。

*講演会、演劇は、事前予約制です。
*事前にご予約の上、ご参加ください。
nice!(0) 

nice! 0