SSブログ

2020.1120(金)谷本進さんが、一人芝居 三部作 を上演します! [勝手に応援団]

ちょうど1年前に「白子ノ劇場」で、「タテヨコ企画」さんの公演があったとき、
会場で出会ったのが、「谷本進」さんでした。
終演後の交流会のような時間に、少しお話しました。
先日、Facebookを通じて、お知らせがあり、
来月11月20日(金)に静岡市民文化会館中ホールにて、
公演をなさるということです。

120661241_3294678117313722_8971918128814387745_n.jpg

119458996_2588151558163192_3638640133827683700_n.jpg

【谷本進】
1972年静岡県出身。
東京での劇団の活動休止を機に、一人芝居を開始。
2008年 初演の『36』を皮切りに、
全国のライブハウスなどで300ステージ以上を敢行。
2013年に故郷静岡に戻り、俳優活動を休止。
そして2020年、7年ぶりの本格復帰公演として、
最新作を加えた一人芝居三部作を一挙上演!
……せざるをえなくなった。
「俳優病」に罹ってしまったために−−。

【上演作品】
『36』
『ドッグウェーブ』
『俳優病 〜ACT or DIE〜』

作・演出:刈馬カオス(刈馬演劇設計社)
出演:谷本進(NEVER LOSE)

日時
2020年11月20日(金)19:30開演
※18:30 受付開始/19:00 開場

会場
静岡市民文化会館 中ホール
〒420-0856 静岡市葵区駿府町2番90号

料金
一般 3000円
学生 1500円
自由席/座席は一席飛ばしで使用

※学生料金をご利用の方は当日受付にて学生証をご提示ください。

<当日精算チケット>
11月1日(日)10:00取扱開始

【出演】谷本進(NEVER LOSE)
1972年静岡県出身。
舞台芸術学院本科を卒業後、アングラの雄と言われた金杉忠男の最後の弟子として
「金杉忠男アソシエーツ」に入団。
解散後、自身が主宰する劇団「NEVER LOSE」を旗揚げ。
静かな激情と、怪我をもいとわぬ過激な表現が話題となる。
読売演劇大賞優秀作品賞に選ばれた青年団『上野動物園再々々襲撃』をはじめ客演多数。
また、リーバイスのモデルや、
ドラマ『ロス:タイム:ライフ』
映画『GACHAPON!』への出演のほか、
ミュージシャンとも親交が深く
ロッキンオンジャパンフェスティバルにも出演。
2008年より一人芝居を熱演し、現役の予備自衛官でもある。

- - - - - - - - - - - - -

【作・演出】刈馬カオス(刈馬演劇設計社)
名古屋を拠点に活動。
『クラッシュ・ワルツ』で第19回劇作家協会新人戯曲賞
・名古屋市民芸術祭 2015 芸術祭賞(大賞)。
『モンスターとしての私』で 第18回テアトロ新人戯曲賞佳作。
『誰も死なない』で名古屋市民芸術祭 2014特別賞
・第3回せんだい短編戯曲賞最終候補。
『異邦人の庭』で名古屋市民芸術祭2019特別賞。
『マイ・フェイバリット・バ――――――ジン』で第8回AAF戯曲賞最終候補。
平成27年度愛知県芸術文化選奨・文化新人賞。
第36回名古屋市芸術創造賞。
愛知淑徳大学 創造表現学部非常勤講師。

- - - - - - - - - - - - -

スタッフ
舞台監督:佐藤剛史(伽藍博物堂)
照明:岩城保
音響:椎名KANS(Garage Inc.)
制作:佐和ぐりこ(オレンヂスタ)
協力:team TANIMOTO

チケット購入方法・【新型コロナウィルス感染症 予防対策について】などは、
こちらをご覧ください。

興味のある方は、お出かけください!!
nice!(0) 

nice! 0