SSブログ

ギャラリー散歩 vol.271「渥美圭亮の幻視」展 @ 鴨江ヴンダーカンマー [ギャラリー散歩]

2020年10月29日(木) 浜松市中区鴨江の
「 鴨江ヴンダーカンマー」にて行われている
「渥美圭亮の幻視」展を見てきました。

m_119961411_386814749385641_1820096467757825518_o_1.jpg

渥美圭亮(1947~2010)さんは、大正2年に創業された「渥美ゴザ屋」3代目で、
発泡スチロールや段ボール、ガラス瓶など、日常的な廃材を使って、
黙々と創り上げた造形作品を作っていらした方です。
亡くなられてから、その作品が注目されるようになったそうです。

2020年8月に発行された「大和書房」刊
「小林瑞恵」著「アール・ブリュット 湧き上がる衝動の芸術」
51MwPp9p3PL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
この本に「渥美圭亮」氏のことが掲載された記念に
開催された展示です。

2009年に鴨江の旅館街に移転した雑貨屋「渥美ゴザ屋」。
その4代目「渥美亮一」さんが、紹介してくださったので、
いつか行きたいと思っていた展示で、その想いが叶いました。

会場となっているのが「渥美ゴザ屋」さんから、徒歩5分、
鴨江観音近くの、怪奇骨董秘宝館「鴨江ヴンダーカンマー」さん。
123090930_2098578083610495_2114191413727725150_o.jpg
オーナーの西川さんが案内してくれました。

122779581_2098578070277163_4228786414642834061_o.jpg
入口にサトちゃんのようなシュールな象が…!?

IMG_0370.jpg
「鴨江ヴンダーカンマー」
Wunderkammer は、ドイツ語で「驚異の部屋」?
まさに、たしかに、そういうところでした。

10月の企画展「渥美圭亮の幻視」
撮影・掲載許可をいただいたので、少しご紹介させていただきます。
122995903_2098577970277173_8877504702429011855_o.jpg
発泡スチロールに和紙を貼って、作られているそうです。
122887910_2098577960277174_8243451897177002722_o.jpg
ガラスは、ワインなどの空き瓶の底。
123073024_2098577946943842_1891576734288195403_o.jpg
エッジを磨いて、針金で固定して作られているランプ。

余談ですが、こちらにあった別の作品の話になり、
う〜ん、どこかでそのようなものを見た!
と思ったら、こちらでした。
札幌の「坂ビスケット」に併設されている記念館のようなところ。
そこで作品を作っていた方の作品でした。
どこか、つながるものを感じて、妙に納得!
あらためて、芸術のパワーを感じました。

「鴨江ヴンダーカンマー」さん、
11月の企画展は、「おめんの多面展」
2020年11月15日(土)〜29日(日)
20201026_213652.jpg

さらに余談ですが…、
子どものころ、鴨江観音の縁日のことを「おかもえ」と呼んでいました。
お彼岸のお参りの帰りに、ハッカパイプなどを買ってもらえると
うれしかったのですが、境内の中に、見世物小屋があったり、
片隅に白装束の傷痍軍人の方が座っていて、
アコーディオンで、もの哀しい曲などを演奏していたことが思い出されます。
派手なピンクやみどりの色を付けたひよこなども、売っていました。
何でわざわざ、あんな色を付けたんだろう?
「おかもえ」には、そういうちょっと切ないイメージがある。
なんか、ちょっと「いけない」ようなそんな気分。
ちょっと不安で、なんか不思議な…、
それこそ Wunderbar ! な 世界だわ〜 。
nice!(0) 

nice! 0