SSブログ

2020.1213(日)「国産畳表でオリジナルミニ畳作り講座」@藤枝地区交流センター西館講座 [ものづくりびと]

2020年12月13日(日)9:30です。
藤枝市茶町の「藤枝市生涯学習センター」は、
IMG_1403.jpg
「藤枝地区交流センター西館」でもあります。

こちらが入口です。
IMG_1404.jpg

この日の会場は、工芸室です。
IMG_1416.jpg
「生涯学習講座」:「国産畳表でオリジナル ミニ畳作り講座」

もうスタンバイしていらっしゃいます。
IMG_1412.jpg

この日の講座は、こちらです。
スクリーンショット 2020-11-24 17.41.29.png
「国産畳表でオリジナルミニ畳作り講座」

まずは、講座スタッフの主任さん(写真右)からのご挨拶。
IMG_1418.jpg

講師は、「杉山製畳」代表で畳職人の「杉山満志」さんと、
IMG_1476.jpg
奥様の「さえ子」さん、和裁士さんでもあります。

まずは、講座の前に「国産畳」についての説明がありました。
IMG_1428.jpg
かつては、岡山・広島なども畳の産地として、名前が上げられていましたが、
現在の国産畳と言えば「熊本産」が95%だとか。
近ごろは中国産の畳もだいぶ品質が向上してきて、
そのものだけでは、見分けが付かないほどだそうです。
それでも、農薬をたくさん使ったり、色を染めている可能性もあるので、
やはり安心なのは、国産品のようです。
といっても、実物を見るだけではわからないので、
国産のものは、その詳細が分かるように工夫されています。

このように生産者の顔写真入りのラベルが付いているのですって。
IMG_1431.jpg
さらに生育の方法や農薬の使用具合まで、
細かいデータも分かるようになっているそうです。
「熊本産」であることを証明するために、役に立っているのが、
「くまモン」のラベル!

左下の方に写っている、青と黄色の糸分かります?
IMG_1432.jpg
この糸を一緒に織り込んであったり、
杉山さんが摘んでいるところ、こういう紙片を一緒に織るのだそうです。
IMG_1429.jpg
これは、後から織り込むことはできないので、
IMG_1437.jpg
これが熊本産の畳表であることの証明になります。

では、いよいよ講座の始まりです。
IMG_1411.jpg
こちらに作り方の説明が貼られています。

レジュメとアンケートです。
IMG_1417.jpg

材料は、こちらです。
IMG_1413.jpg

お借りする道具たち。
IMG_1414.jpg

まずはこちらから、好みの縁(へり)を選びます。
IMG_1406.jpg
参加者の皆さん、思い思いの縁(へり)を選びました。
ぱらぽんは、こちらのものを選びました。
IMG_1441.jpg
色違いの「鮫小紋」です。
地味目な柄にしたかったのですが、紺色だけだとちょっと淋しい気もしたので、
あえて、同じ柄の色違いなものを、合わせて使うことにしました。

それでは、作業が始まります。
広げた畳表の上に、畳ボードを置きます。
IMG_1435.jpg

左右から畳表で畳ボードを巻き付けます。
IMG_1436.jpg
畳表がたるまないように引っ張ってから、
タッカーを使って畳表の端を固定します。

畳業界では、今でも尺貫法の道具を使うそうです。
IMG_1439.jpg
(*印付けの写真を撮り忘れていたので、レジュメの写真をお借りします。)
131762556_2147744258693877_6284403105257474671_o.jpg
物差しを使って、畳の端から五分のところに印を付け、
その印を結んで、鉛筆でラインを引きます。

鉛筆の線に合わせて、畳縁と下紙を置きます。
下紙の裏には、二分のところにラインが引かれ、
マーカーでタッカーを打つべきところに印が書かれています
IMG_1442.jpg
タッカーのエッジをラインに合わせて、針を打つと、
マーカーの印の上に針が打たれます。
(*黒いスマホは、ずれないように置いた重しです。)

こんな感じです。
IMG_1445.jpg

畳縁と下紙を、きっぱりきれいに折るためのコツを説明してくれています。
IMG_1446.jpg
印に合わせて物差しを置き、縁引き(へりひき:大きな目打ちのような道具)
を寝かし気味に使って、折りくせを付けるラインを引きます。
IMG_1448.jpg
下紙を切ってしまわないように気を付けます。

下紙を手前に折ります。
IMG_1449.jpg

さらに、畳の縁に合わせて折りくせを付けます。
IMG_1450.jpg

折りくせが付けられたら、全体をひっくり返します。
IMG_1452.jpg
縁もきれいに折り曲げて、その端が畳の裏に来るようにします。

縁の端をまたぐように、タッカーで針を打ち込みます。
IMG_1453.jpg

四隅の始末を習います。
IMG_1455.jpg
縁引き針を使って、角がきれいになるように、
端の始末をします。
箱物を包装紙で包んだときの角の感じです。
IMG_1456.jpg
ここをタッカーで留めます。
IMG_1458.jpg
留めました。

反対側も同様に、
IMG_1459.jpg
タッカーで留めました。
IMG_1460.jpg
折りくせを付けて、
IMG_1461.jpg
まずは、下紙を折ります。
続いて縁も。
IMG_1462.jpg
折ったら、縁引きの柄の方で、折り山をしごいて、きれいにします。
IMG_1463.jpg
赤の時と同様に、折って、端の始末をして、タッカーで針を打って、留めます。

仕上げに裏紙を貼ります。
IMG_1465.jpg

裏紙には、すでに両面テープが付けられています。
IMG_1466.jpg

ここに貼ります。
IMG_1467.jpg
「杉山製畳」のシールも貼りましょう!
無事にできあがりました!

時間に余裕があったので、もうひとつ作っちゃいます。
それはこちら。
IMG_1468.jpg
畳表で、畳を作った後に残る「畳の耳」を使って作ります。
畳表は、畳用のい草を左右両側から並べて作るので、
穂先と茎の根元が二重になっているように見えますね。
その耳をぐるぐると巻いて、輪ゴムで留めたものがこちらです。

そこに、縁を巻き付けると、こんな風になります。
IMG_1469.jpg
ぱらぽんが選んだ耳は、小さめだったので、
縁の上下も折ってみました。
さえ子さんがよういしてくださった水引の飾りも付けました。
後ろはこんな具合。
IMG_1470.jpg
「杉山製畳」のシールも忘れずに!
飾り方の見本は、こちらです。
IMG_1410.jpg

職人さんのお道具!
IMG_1473.jpg
真ん中の縁引きの柄が、細くなっているの分かるでしょう?
こんなにすり減っちゃったんですって!!

こちらは、縁で作られたバッグたち。
IMG_1407.jpg
さえ子さんの作品です。
縁で作った、クリスマスツリー!
IMG_1408.jpg
かわいいですね!

最後に講座のスタッフさんがご挨拶!
IMG_1481.jpg
「皆さん、楽しく作業をしていらっしゃいましたね。
 好評のようなので、これからも畳表シリーズの講座を
 いろいろと考えてみようと思います。お楽しみに〜!」
とのことです。
地域の産業が勉強できて、作品も楽しめる!とてもよいと思います。
先生、よかったですね。これからもよろしくお願いします。

最後に、皆さんで、記念撮影しましょう!
IMG_1479.jpg
ぱらぽんの作った作品は、両先生に持っていただきました。
皆さん、ステキな作品ができましたね。
クリスマスやお正月に活躍しそうです。

この記事を読んで、やってみたくなった方は、
「杉山製畳」さんんまで、お問い合わせください。
材料の準備がありますので、かならず、事前にご連絡をお願いいたします。
「杉山製畳」さんの公式サイトは、こちらです。

「藤枝地区交流センター 西館」スタッフの皆さま、
「杉山製畳」さま、ステキな講座をありがとうございました。
また、やりたいなあ〜。
nice!(0) 

nice! 0