SSブログ

2020.0730(木)大井川の水で育った「ホップ」が収穫されたそうな! [BEERで乾杯!]

2020年7月30日(木)午後、呼ばれたので出かけてきました。
まずは、こちらをご覧ください。

30_02.jpg

これ、何か分かりますか?

「ホップ」そう、ビールを造るときに使う、あの「ホップ」です。

実は、今年2020年の春から、島田市のとあるところで、
ビールのホップの試験栽培を始めたのだそうです。

そのホップが7月30日に、収穫されたそうです。
30_03.jpg
その量、2.3kg。

近くで見ると、こんな感じ。
30_04.jpg

そのホップを、「試験的に乾燥する作業をするから、見に来ますか?」
と誘われたので、出かけてみました。
集合場所は、藤枝市高柳の「西光エンジニアリング」さん。

「西光エンジニアリング」さんといえば、2019年に取材させていただきました。
その記事は、こちら

「西光エンジニアリング」さんは、「マイクロ波減圧乾燥機」なるものを開発して、
食品の成分をなるべくそのままに乾燥させることができるのです。

こちらでは、以前、北海道で栽培されたホップの冷凍されたものを、
乾燥させた経験があるそうです。
30_05.jpg
皆さんが見ている画像がそのときの記録のものだそうです。
でも、生のホップを乾燥させるのは初めてだそうです。

どんな風にやるのか、説明を聴いています。
30_06.jpg
何度の温度で、何分やるのか?は、試行錯誤。
やり過ぎないためには、少しずつ試して観察して、繰り返していくのだとか。

こちらが「マイクロ波減圧乾燥機」たちです。
30_07.jpg
奥に見える機械が、こちら。
30_08.jpg
中はこんな風です。
30_09.jpg

このトレイに、ホップを並べます。
30_10.jpg
こんな感じ。
30_11.jpg
これは、プランターで試験栽培し、収穫されたもの。

つぎは、こちらの機械。
30_14.jpg
こちらは、2段になっています。
30_13.jpg
ターンテーブルのトレイに、きれいに並べています。

40℃と45℃で、それぞれ始動して、乾燥が始まります。
30分で様子を見て、その重さが1/5くらいになるまで、
確認しながら乾燥させます。
トータルで、1時間あまり稼働させて、完了しました。

完成したホップがこちら。
30_14.jpg
つぼみが開いたかのように広がっているのが分かりますか?
30_15.jpg
実が軽くなって、かさかさのドライフラワーのようです。
30_16.jpg

このホップを使って、ビールを造ってみるようです。
どんなふうになるのかな?
また、その後の状況を教えてもらえたら、報告しますね。
わくわくします。お楽しみに〜!
nice!(0) 

nice! 0